オンラインWS集合研修(新)

オンラインWS集合研修(新)のコンテンツ

「社員が一堂に集まる集合研修は避けたい。でもeラーニングによる代替対応では何か物足りない・・」
<Zukanのサービス>
●既存のオンライン会議ツールを活用したワークショップ型の研修
●1時間30分~2時間という短時間で完結
●対話がもたらす潜在的可能性を信じたプログラム構成
→『こういう研修も、ありじゃないかな』『これなら頻度を増やして実施できる』

Step1:課題書籍の選定

●貴社とのお打ち合わせを通じて書籍を選定(eラーニングでは学ぶのが難しい思われるテーマを選定することが効果的)
●貴社による書籍購入と受講者への配付

Step2:【事前学習】読書

●リモートワークにより浮いた通勤時間の一部を読書の時間に充てていただくイメージ

Step3:【事前学習】内容の整理

●「共感できた箇所」「共感できない/違和感のある/理解できていない箇所」など、オンラインでの対話ネタとなる素材を記入シート上に整理

Step4:【オンライン研修前半】対話の場

●OD Zukanによる構造的な進行。指定の研修日時にオンライン会議ツール上で3~4名程度に分かれリモートでの対話を実施
●読書ネタに関連した現実の困難や苦悩も対話を通じて共有。共感的理解やアドバイス・成功事例なども共有

Step5:【オンライン研修後半】アクションプラン設定

●書籍と対話から得た知見と、現況の自身を照らし合わせ、今後のアクションプランを記入シート上に策定
●リモートでの対話を通じて共有。相互関与によりアクションプランをブラッシュアップ
●(必要に応じて)研修3ヵ月後にアクションプランのフォローアップを行う仕組みを受講者同士で確立
●(必要に応じて)貴社による今後のフォローアップの仕組みを周知

Step6:【研修後】アクションのフォローアップ(オプション)

●オプション対応として、OD Zukanによるアクションプランのフォローアップ(アクションプランの添削、メール配信による進捗確認、オンラインフォローアップ研修など)も可能

その他、お気軽にお問い合わせください。

リモートワークを前提とした人材育成施策が求めらる中、もともと従業員満足度調査や360度評価の調査後フォローアップ施策として実施するサーベイフィードバックのワークショップ手法を応用し、新たにオンライン集合研修サービスをデザインしました。

リモートによる1時間30分~2時間という短時間コンテンツのため、課題書籍を入れ替えることで年に複数回の実施も効果的。

既存の研修の実施が困難な今、日々の業務での困難や苦悩について、似た境遇のメンバー同士で共有する(分かち合う)こと自体に価値がある「対話」の効用を信じた研修プログラムを是非ともお試しください。